グリーン株式会社 すべてをお客様目線で考えます。

高性能センサーがわずかな炎と光を感知して消火!
火災を未然に防ぐ安心の自動消火システム

  • RPF・RDF
    保管場所に
  • 産業廃棄物の
    蓄積場所に
  • 静電気による
    自然発火に
高性能赤外線センサーがわずかな炎と光を感知!
ボヤが発生すると赤外線センサーが瞬時に感知し、自動放水で消火!
ボヤの発生は作動表示灯の点滅でお知らせ!
わずか分間300もの放水が可能!
放水銃の追加設置で複数区画・同区画内の広範囲への同時放水も可能!
※放水銃1ヶ所につき6tの貯水タンクを設置。
いつでも必要な時に手動放水が可能!
火災の危険性が高い箇所には、退社時に数分間の手動放水を行うことで、無人時の火災発生をより効果的に防止することが可能!
わずかな炎と光を瞬時に感知する高性能赤外線センサー
ボヤが発生すると、赤外線センサーがわずかな炎と光を感知し、火災の危険性を瞬時に察知。すぐに自動放水が始まります。また、ボヤの発生をセンサー回路の作動表示灯の点滅でお知らせし、警備会社への自動通報もOK!
炎のゆらぎ検知方式で誤作動防止も万全!炎特有のCo2共鳴放射帯(4.3μm)と非火災報識別用波長(4.0μm)を赤外線センサーが識別し、火災・非火災を的確に判別し的確な自動消火と誤作動防止を実現しています。※対象から10m高に設置した場合、センサー直下の10m範囲を監視。
わずか1分間で300ℓもの放水を実現!大容量の自動放水システム
1分間で約300ℓもの水量を広範囲へ放水し、より的確に自動消火活動を行い安心です。※消火対象から10m高に設置で約60度範囲、5m高で約120度範囲への放水が可能。また、放水銃の追加設置によって複数区画・同区画内の同時放水も可能です。※放水銃1ヶ所につき6tの貯水タンクを設置。
自動充填式で常に満水で安心!大容量の貯水タンク
放水中であっても、貯水タンクは常に満水に保たれるよう水道水を自動充填します。貯水タンクは水道管と直結できるため容易に設置が可能です。
手動放水&自動放水が同時に使える消火設備管理システム
ボヤが起こる危険性の高い箇所には、退社時に数分間の手動放水を行うことで、無人時の火災発生をより効果的に予防することが可能です。
手動放水中に別の箇所でボヤが発生した場合でも、センサー感知による自動放水が実行され安心です。※放水銃を2ヶ所以上取り付けした場合。

こんな業種・現場に最適!

RPF・RDF保管場所や、産業廃棄物や古紙集積場所、静電気による自然発火の危険がある場所など、火災の危険がある場所ならどこでもお任せ下さい!

自動消火システムの構成

貯水タンク最低容量6トン(放水銃1ヶ所につき)赤外線センサー感知範囲:直径10m内/1ヶ所につき
送水ポンプ単相:100V 15A/三相:200V 40A制御盤警備会社への自動通報設定可能
放水銃吐水量:約300リットル/60秒間あたり

注意点※取付時に消防署の確認・許可を必要とする場合があります。※放水銃1ヶ所につき、最低容量6トンの貯水タンクが必要となります。※赤外線センサーの取付位置は、監視対象から10m以内に設置します。※取付工事費は取付現場の間取りなどによって異なります。詳しくは下記の販売代理店までお問い合わせください。

※連休などで長期間無人になる現場では、退社前に数分間の手動放水を行い、
 少しでも火災発生の可能性をなくすことを推奨しています。

納入実績要興業(株)/有明興業(株)

この製品に関するお見積り・お問い合わせはこちら/現地調査出張費・デモ機貸出 無料キャンペーン中!